9月 04 2014

社員の所持する携帯を連絡先にしてはいけない理由

Published by under ビジネス関係

オフィス企業において、意外に必要になるのが社内電話です。ビジネスフォンと昔から言われていて、取引相手と担当者が個別に話し合うのにスムーズな環境にすることができるでしょう。最近では、携帯電話が普及してきているので、オフィスにビジネスフォンの回線を引く必要はあまりないと思われるかもしれません。

しかし社員ひとりひとりに携帯電話をもたせるのは、もっと経費がかかります。だからといって社員の個人電話を相手先に教えてしまうと、会社にとって代わりの利かない人物を抱えてしまうことになります。その場合、その社員が都合によって離職してしまうと会社は大損害を被る危険があります。契約相手に教える電話番号は、会社公用の番号でなくてはならないのです。

そこで利用すると安上がりになるのがビジネスフォンという訳です。しかしビジネスフォンといっても、契約会社によって回線費用や本体価格はまちまちとなっています。コスト削減を考えると、ビジネスフォンについてもしっかりと調査をした上で契約する必要があると思います。

例えばこちらの会社が用意しているビジネスフォンなのですが、さまざまな会社と比較しましてプラン設計がはっきりしているのでオススメです。

ビジネスホン(ビジネスフォン)でオフィスのコスト削減ナビ

No responses yet